白和瀬神社

admin

ホーム > adminの記事

ホームページを開設しました!

白和瀬神社の公式ホームページへようこそ!
この度、ホームページを開設しました。
今後共よろしくお願いいたします。

白和瀬神社

御祭神
日本武尊(やまとたけるのみこと)
武神・文神・殖産興業の神と共に火難盗難除の神

白和瀬神社の由緒

延喜年中(901~923)、日本の有名神社を選定、全国で3132社が定められ、陸奥(東北)に100座が指定されたとき、この信夫の郷(伊達郡は後に信夫より別れる)に5社が定められました。その折、白和瀬神社は陸奥延喜式内100座の内、信夫五社上宮と定められました。

白和瀬神社は大化元年(645)、現在地より北西2キロの標高475メートルの烏帽子ヶ岳山頂に鎮座されました。
天生年中(1580年代)に参拝者の利便を図り、現在の折戸の地に社殿を設け遷座されて今日に至ります。折戸が、居都とも呼ばれた地だったため、居都の明神とも呼ばれました。
現在もなお旧鎮座地の烏帽子ヶ岳には奥の宮が祀られております。4月の例大祭の前日に参拝する習慣があり、一般の方も多数訪れます。烏帽子ヶ岳山頂からは福島市が一望できる絶景です。
現在地には元来,現白和瀬神社末社「車松神社」(安産の神)が祀られてあった土地であると共に、烏帽子ヶ岳を源流とする八反田川の川岸の高所で、背後に奥の宮が望見される所です。
白和瀬の名は、信達一統志によると、万葉集下総の歌人の家持が歌集に、
「早田ト作レリ愚案ズルニ
白淡川ノ水上ニ鎮座ス神ナレバ白淡瀬ナルベシ
アハノアハヲ約シテ白和瀬ト唱ヘ来リシナム」
とあり、又、白早稲とは稲からでたという説もあります。

神古代、5,7世紀に「しらわせ」という稲の品種があったかは不明ですが、八反田川の水によって稲が豊作であったことは何よりの「しあわせ」の限りで、その神恩恵に感謝して祭祀されたのが白和瀬神社です。

末社 車松神社

御祭神
日神日本磐余彦天皇
(かんやまといわれひこのすめらみこと)
安産の守護神

境内には、安産の守り神として、車松神社があります。
赤白の小さな枕が供えられており、その枕を借り受け、後日お礼として新しい枕を一つ添えてお返しする信仰があります。

境内案内

御祈願

  • 安産祈願
    妊娠5か月目の戌の日に安産祈願を行う習慣があります。白和瀬神社の末社車松神社は、福島では珍しく安産の神様が祀られております。
  • 初宮詣
    赤ちゃんが無事生まれたことへ感謝し、これからの健やかな成長をお祈りします。
  • 七五三詣
    三歳男女児、五歳男児、七歳女児の成長を神様に感謝し、これからのさらなる無事と成長をお祈りします。
  • 厄祓い・方位除け
    厄年は人生の転換期でもあり、心身ともに調子を崩しやすい年齢といわれています。この年齢にあたられる方は、神社で厄祓のご祈祷をお受けになり、神様のご守護のもとで心安らかな生活を送りましょう。方位除けは、地相・家相・方位・年まわり等からくるあらゆる災いを除く祈願です。厄年・方位除けは厄年・方位除け表でご確認ください。
  • 必勝祈願・合格祈願
    白和瀬神社の御祭神は武神・文神 日本武尊です。スポーツ、受験、試験の必勝を祈願します。
  • 商売繁盛・身体安全・家内安全
    ご家族や周囲の人々が健康で幸せに過ごせますよう、また家業が災い無く益々栄えますよう祈願します。
  • 交通安全
    新しく車を購入された方が無事故で車・バイク等の運転ができますように祈願します。

その他出張祭典

  • 地鎮祭
    家を建てるにあたり、その土地の神様に土地を利用させていただく許可を頂き、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願します。
  • 新宅祭
    新築工事が神様のご加護により無事完成したことに感謝し、新居を祓い清め、神様をお祀りします。同時に、建物が末永く安全堅固であることと、その建物に住む人々の繁栄を祈願します。
  • 家屋等解体清祓
    建物を解体するときに、神様にこれまでお守りいただいた感謝をし、解体時の無事故を祈願します。
  • 修改築清祓い
    建物を修改築するときに、今まで住んだ家とお守りいただいた神様に感謝の気持ちを捧げ、工事の安全を祈願します。
  • 神棚清祓
    古い神棚の撤去に際し、今までの感謝を申し上げ、新しい神棚をお清めします。
  • 工事安全
    各種工事を始めるに際し、神々をお招きして工事の安全を祈願します。
  • 伐木清祓
    庭にある古木・巨木を伐採する際、木の神様に感謝を申し上げ、工事にかかわる方々への安全を祈願します。

アクセスマップ

福島大笹生ICから5分
バス
福島交通 大笹生行 折戸停留所下車 徒歩4分

令和3年 厄年

男性
平成21年生 13
平成 9年生 25
昭和56年生 41(前厄)
昭和55年生 42(大厄)
昭和54年生 43(後厄)
昭和36年生 61
女性
平成21年生 13
平成15年生 19
平成2年生 32(前厄)
平成元年生 33(大厄)
昭和63年生 34(後厄)
昭和60年生 37
昭和36年生 61

令和3年 方位除(八方塞・鬼門・病門)男女共通

八方塞
令和3年生   1
平成24年生 10
平成15年生 19
平成6年生 28
昭和60年生 37
昭和51年生 46
昭和42年生 55
昭和33年生 64
昭和24年生 73
昭和15年生 82
昭和6年生 91
鬼門
平成30年生 4
平成21年生 13
平成12年生 22
平成3年生 31
昭和57年生 40
昭和48年生 49
昭和39年生 58
昭和30年生 67
昭和21年生 76
昭和12年生 85
昭和3年生 94
病門
平成27年生 7
平成18年生 16
平成 9年生 25
昭和63年生 34
昭和54年生 43
昭和45年生 52
昭和36年生 61
昭和27年生 70
昭和18年生 79
昭和9年生 88
大正14年生 97

 

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

白和瀬神社
〒960-0251
福島県福島市大笹生字折戸41
社務所

024-559-1020

FAX024-557-6111

受付 9:00~16:00

宮司宅

024-557-6106

御札・御守り・御朱印・御祈願等をお受けに
なられる方は社務所にお越しください。

お問い合わせフォーム