白和瀬神社

ブログ

ホーム > ブログ > 紅花栃の木

紅花栃の木

新型コロナウィルスの感染者数も減少し、福島県の緊急事態宣言も解除されたことから気分的に楽になってきているように感じております。しかし、これからが大変です。生活を元に戻しつつ気を緩めることなくしっかりと感染予防に心掛けていかなければならないと自らを戒めております。

さて、話は変わりますが、先日女性の方から電話で問い合わせがありました。内容は、「神社の上り口に赤い花が咲いている木がありますが、何という植物ですか。(写真)」というものでした。実は、昨年も参拝に来られた男性から同じことを聞かれて答えられずに恥ずかしい思いをしておりました。今年こそはその花木の名前を調べようと思っていた矢先の電話でしたので、自らの対応の遅さにがっかりしてしまいました。すぐに調べて名前が分かったらその木に名札を下げておきますと約束して電話を切りました。

それから30分ほど過ぎたころでしょうか。その女性から再び電話があり、自宅に帰る途中に花屋さんに寄ってその花木の特徴を話したら名前が分かったということでした。名前は「紅花栃ノ木(ベニバナトチノキ)」というのだそうです。疑問に思ったことをすぐに調べるこの女性のパワーと行動の早さに感服しました。ちなみにベニバナトチノキは白和瀬神社に3本あります。参拝においでの節は探してみてはいかがでしょうか。

紅花栃の木はまだコメントがありません

コメントをどうぞ





お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

白和瀬神社
〒960-0251
福島県福島市大笹生字折戸41
社務所

024-559-1020

FAX024-557-6111

受付 9:00~16:00

宮司宅

024-557-6106

御札・御守り・御朱印・御祈願等をお受けに
なられる方は社務所にお越しください。

お問い合わせフォーム